うたさんのボドゲ日記(仮)

ボードゲーム沼にどんどん沈みつつある男の、些細な自主イベント記録およびボードゲームの雑感など。自己紹介、日々のつぶやき等はTwitter→@180megane

【体験記】SORAさんの人狼&ボードゲーム会に行ってきました

来世は金持ちの家の猫になりたい。

どうもこんにちは。うたさんです。

 

自主イベントもとうとうあと10日となりまして。

「新しいボドゲのテストプレイまだできてないぜ…」

「消耗品の買い出しも全然前世できてないぜ…」

と、もやもやしております。はよやらねば…

シンプルにここ最近天気悪くて、原付勢の僕としては非常に困っております。

 

雨の日の原付のつらさは、例えるなら

RPGで次の街について、

「次のダンジョン結構敵強いだろうから、装備ばっちし整えてから行くぞ〜」

と意気込み、金稼ぎをし始めた結果、

レベルが必要以上に上がりすぎて、

次のダンジョンの敵が軒並み歯ごたえなくなってしまい、味のしないガムみたいな感覚になって「あ〜レベルあげすぎたやんけ〜もう戻せないし前のセーブデータ戻るのもめんどくさ〜はあ〜ん」

みたいな。

しっとりくる感じのショックさ。雨だけにね。湿度高いからね。

RPGはあんまりレベルあげたくない派です。ちょっと苦労するくらいがちょうどいい。

 

ちなみに天パ勢としては、湿度高いのも嫌です。

髪の毛があらぬ方向にうねっていくんですよ。自由に。自由度高すぎ。俺の髪はオープンワールドか!

みたいなね。うん。

 

今回の挨拶はゲーム寄りのコンセプトでいってみました。

まあ、今日もこんなもんでしょう。僕はこのくらいのレベルが平常運転です。安全運転。可もなく不可もなく。わたあめくらいの読み応えですね。このブログは。

しかもそんなに甘くない。味がほとんどない。味がないことが逆に味わい深いまである。これってトリビアになりませんか?

 

 

本題。

先週の休日、沖縄で人狼ボドゲ会を中心にいろいろ活動しているSORAさんの会に参加してきました。

今回もわきあいあいと楽しかったです。

 

会場はサラダボウルのコンペルーム。参加費1000円。(神的な安さ…まじ神…)

ちょっと遅れて14時頃にイン。

ボドゲポケカ卓が展開されておりました。

終わったら人狼タイムになるとのことで、一旦「コードネーム」をやることに。

f:id:uta_tnp:20190221113857j:plain


 

コードネームは2チーム制のボードゲーム

赤チーム青チームに別れて、それぞれのリーダーがヒントを出し、

部下のコードネームを全員当てたチームの勝ち。みたいなゲーム。

 

場には25枚の単語カードが並べられ、その中から「赤チームの単語」「青チームの単語」がランダムに決まります。

リーダーはヒントを「一言」しか出せない(〇〇の△△、とかはNG)ので、

自チームの単語を類推できるような「一言ヒント」をうまいこと出す必要があります。

そして、ヒントのあとに「ヒントが関わっている単語の枚数」も言います。

 

例えば「ヘッド」と「サラダ」があったら、「ポテト 2」みたいな感じで。

うまくつながるヒントを出せると、チームの勝利に貢献できる。

ただ、チームの人に伝わらないとダメなので、伝わるレベルのヒントを出す…これがなかなか難しいが、うまくできた時の達成感はでかい。

 

僕は青チームでリーダーを勤めましたが、全然ダメでした。単語運が悪かった。頭も悪かった。メガネしてる割にそこまでかしこくないのが僕のチャームポイントです。これはテストに出ます。

あと普通に寝起きで頭まわってなかった。ぽんこつリーダー…

ぽんこつ青チームの単語を記しておくので、ひとつのヒントで4、5個取れるような神ヒントを思いついた方はぜひ僕にご一報いただけますと幸いです。

 

f:id:uta_tnp:20190221114055j:plain

タブレット

・エンジン

・マス

・ベルト

・ヘッド

・サラダ

・カジノ

・ヨーロッパ

 

 

 そして、隣の席ではポケカが流行ってました。くっそ楽しそう。

f:id:uta_tnp:20190221114112j:plain

正直やりたみはかなり深い。お財布があたたかくなることを祈ります。

 

一通りボドゲが終わったあと、人狼タイムへ。

13人村を2回体験。1回目市民で市民アピールを頑張った結果、生き残って推理できた。

2回目裏切り者だったので、我こそは預言者である、と嘘をつきまくりました。

途中で人狼に破綻させられるも、裏切りとしての使命をまっとうし、人狼チーム勝利。

ありがとう、けんけんさん、かずくん、いさなちゃん。

 

人狼やってる間は結構集中してないと人の話聞きそびれたり、感情見れなかったりしてまともに推理できないので写真は撮れなかったぜ。僕が分身できたらよかったのですが、不器用すぎて印が結べず、うまくチャクラを練れないため今回は断念。

 

そのあと、僕は一人ボドゲ卓にうつり、「スプレンダー」と「街コロ」をプレイ。

スプレンダーは、周りがほぼ初心者にも関わらず大人気なく勝利をおさめました。

でも圧勝という感じでもなく、結構いい勝負だったし、下家の女性(ともえさんだっただろうか)がミスプレイしてなければ得点差で普通に負けていた。笑

まだまだ僕はプレンダー道を極められてない。もっと頑張りましょう。今度、滝とかに打たれてきます。

 

街コロは初見プレイ。街を発展させ、お金を稼ぎ、自分のランドマークを全部建設できたら勝ち。といったゲーム。

基本的には、毎ターン時計まわりにサイコロを振り、

サイコロの目に応じた施設を持っていたら効果を得られる。

つまり発展度が高いと、恩恵を受ける確率が上がり、有利になっていくシステム。

相手のお金を奪ったり施設を交換したり、邪魔するカードもあるので

一筋縄でいかないところがじれったい。だがそこが楽しかった。

 

上家からお金を奪いまくる&どんな出目が出てもプラスになるような発展の仕方をさせていくのが強いムーブかな?

ただ、結局はサイコロの出目の運が大半を占めるので、運さえ良ければ戦略なぞ関係ない。やることはサイコロを振って、得たお金でカードを追加するだけなので非常にシンプル。敷居の低さが初心者でも楽しめて良いボードゲームだと思いました。

 

 

あっという間に時間は過ぎ、一旦サラダボウルを解散。

SORAさんのご厚意で、僕の「ええゲー会」の宣伝もさせていただき、フライヤー配りも完了。ありがとうございます。

あっ、ええゲー会まだまだ参加募集してますよ。今のところ11名希望入っています!

多分20名超えないので会場かわらないかも。詳細は前記事に。

uta-tnp.hatenablog.com

 

そのあと、ファミレスで飯を補給しつつ、「ウミガメのスープ」と呼ばれている水平思考クイズをみんなで楽しみましたとさ。おもしろかった。

 

今回もゲームに充実した1日だった。娯楽に浸る休日、いいものですね。

また機会あったら参加したいどす。

 

なお今週土日もボードゲーム漬けである。楽しみすぎる。

記事で書くことも確保できそうだ!!いえい!!

 

では今回はこのへんで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【体験記】沖国大ボドゲサークルにいってきました

おはようございます、うたさんです。

ここ数日書くことが無く苦悶の日々でした。

 

うそです。

 

「キャサリンフルボディ」が発売されてしばらくゲーム充をしていた為、

ブログ更新をすっぽかしました。

 

f:id:uta_tnp:20190219101711j:plain

いやね、だってさ。めっちゃ面白いんですよこのゲーム。ハマっちゃうもん。

 

雑に紹介すると、

ゲームの本質はアクションパズルで、悪夢に囚われたモッテモテのモテ男主人公が

死ぬほどエロい子に誘われて、なんやかんやで四角関係になってしまい、

修羅場を切り抜けるストーリーが展開されるって感じのやつです。本当に雑だった。

 

んで、プレイヤーの選択で結末が変わります。長年付き合ってきた左側の彼女を取るか、死ぬほどエロい右側の理想の女を取るか、はたまた真ん中のハイパー可愛い美少女を取るか。(僕は右側を取りました)

ストーリーはドキドキするし、世界観は「ペルソナシリーズ」のイラストを手がけている副島成記(そえじま しげのり)さんのイラストで構築されているのでオシャレすぎて鼻血が出ます。

そしてパズル、かなり楽しいです。手応えあり。

悪夢から逃れるために、石がランダムに積まれた足場をひたすら上に登る、というテーマのパズルで、ストーリー上で順を追ってルールを教えてくれるし、ストーリーが進めばヒントもたくさんもらえるので初心者でもまったく問題なし。

世界大会も開催されるほどやりこみがいのあるパズルです。

 

公式サイトはこちら↓

fullbody.jp

  

キャサリン・フルボディ - PS4

キャサリン・フルボディ - PS4

 

(せっかくamazonの審査通ったので、とりあえずアフィリエイトなるものも貼ってみる。が、南の島の民としては、送料かかるし普通にお店で買った方がいくない?とか本末転倒なことを思ってしまう。まあいいか。) 

 

ということで、悪夢レベルに楽しいゲームにまさしく僕は囚われていた、ということですね。なのでブログ更新を大幅にすっぽかしました。わはは。

 

このように、ごまかさず正直になるところも、うたさんに好感が持てるひとつの要因といっても過言ではないでしょう。

そして、こういうことを言ってると好感度はだだ下がりになります。反面教師です。気をつけましょう。

人は「俺ってモテるんだよね〜まじ卍〜」とか言ってる奴を嫌う傾向にあります。

これはグローバルスタンダードです。覚えておくと役に立ちます。僕はまだ覚えられていません。

 

さて、おふざけはこの辺にしましょう。

本題いきます。

 

今回はTwitterで存在を知った「沖国大ボードゲームサークル」人狼専門店ふかさんと一緒に行ってきたことを綴ります。

f:id:uta_tnp:20190219110557j:plain

 

平日木曜日の18時。仕事を急いで終わらせ、原付をかっ飛ばし沖国大サークル棟へ。

着いたときにはすでに、大学生がわいわいしておりました。

コミュ障発揮しそう〜めっちゃこわいよ〜と思いつつも、おずおずと入室。

 

とりあえず主目的のカタンをやろうと思ったが、ふかさんが遅れるとのことで

その間を埋める簡単なボードゲームをプレイ。

 

手始めにハゲタカのえじき」。

1〜15までの数字カードを全員で一斉に出し合い、中央に出された-5〜10の得点カードを取り合うゲーム。プラスになる得点のカードは、「数字の一番大きいカードを出した人」が獲得できるが、同じ数字が出た場合はバッティングし、無効となる。

ので、思い切ってでかい数字をドンといっちゃうか、バッティングを読んでちょい少ない数字を出すか。駆け引きがシンプルで面白い。

マイナス得点は逆に「一番少ない数字のカードを出した人が受け取る」。

プラスを欲張りすぎてマイナスを避けられない状況になることもしばしば…

1ゲームだけプレイして、勝利。写真とってねえ。さっそくミスに気づく。

 

そのあと、カードに書かれた多様すぎる勝利条件を満たすと即勝ちになる理不尽ゲー

「テストプレイなんてしてないよ」を初体験。

タイトルどおり、バランスとかそんなものは微塵も存在しない。手札のカードの効果を

押し付け合う。突如点数制になったかと思えば、突然数字を言わされ偶数なら敗北させられたり、爆弾が4つ並ぶと全員死んだり、「創英角ポップ体最高!」と言わないと負けになったりする。

このルール無用な世紀末感が面白かった。とりあえずサクッと楽しむのにちょうどよいゲームだった。

え?写真?忘れました。撮れよ俺。実に不親切なブログである。

こんなていたらくなのにも関わらず、読んでくれている人が全員聖人に思えてきた。きっと前世で徳を積みまくったのだろう。積みまくった結果、心に余裕ができ、せっかく沖国大まで遠路はるばる足を運んでいるのに写真ひとつ撮らないぽんこつブログを読んでも、慈愛の心で許すことができるのだ。ありがたい。泣きそう。

 

脱線してしまった。

このあと、ふかさんはさらに遅れてしまったため、僕1人と大学生3人でカタンをプレイすることに。MAX4人で火花を散らしあった。

こんな感じで。

f:id:uta_tnp:20190219110629j:plain
 

よかった。この時点で僕は写真を撮ることをようやく思い出したのである。

これで、多少はマシになったと思われる。

 

カタン初戦は接戦の結果、なんとか僕が勝利を収めることができた。

道と開拓予定地をことごとく潰されたものの、やはり麦石エリアの都市化は強かった。

羊以外は比較的確率の高い数字で集めることができたこと、そして麦が今回かなり貴重な資源になっていたので、それらを交渉材料として活かせたのも勝利要因だったように思う。

早い段階で3:1港にも手を伸ばせたので、資源管理もある程度容易になった。

じりじりと進めるカタン独特の感覚、何度やっても面白い。

 

そのあと、今度は全員で「コヨーテ」もプレイ。

細かい設定の話は覚えてないので端的にゲームの流れを書くと、こんな感じ。

全員が数字カードを一枚引き、手番の人から数字を宣言。以降どんどん上げていく。

全員のカードの合計数を超えた数字を言って、それを「コヨーテ!!」と指摘された人の負け。

ただし、合計数が超えているかどうか、は最後までわからない。なぜか。

自分の数字は見えないようにカードを持つからである。

これにより、「自分の数字は何か」を、これまでに使用したカードや相手の数字の宣言の仕方や目線、反応を見て推理する要素が生まれる。そして、その推理が正しければ、だいたい負けない。

個人的には好きなゲームの一つ。人数多い方が楽しい。数字の計算がちょっと大変になるが。

なお、付属の特殊能力を使うルールだともっと戦略性が高まる。

このゲームで僕は推理をたびたびミスってしまい、負けそうになったが、その前にふかさんが到着し、ゲームは流れた。良いタイミングでの登場である。ふかさんありがとう。

 

ふかさん到着後はドミニオン 夜想曲をプレイ。ドミニオンシリーズの最新拡張。

細かい話は以前の記事でやった気がしたので省く。

これまでの拡張に比べてカードパワーが洗練されていて、とても楽しかった。

第二版との相性はわりと良好なように感じた。

f:id:uta_tnp:20190219110702j:plain



 

夜想曲の特徴の一つである「祝福」と「呪詛」カードがなかなか面白い。それぞれランダムでちょっとしたプラスとマイナスの効果をもたらす。祝福に期待したら全然いらない効果もらったり、呪詛ばらまいてアタック仕掛けたら逆に相手が得する展開になったりと、一定のパワーにならないところが逆に使いたくなったし、楽しかった。

繁栄じゃなくてこっち買えばよかったと、ちょっと後悔。いや繁栄もいいとこあるんだけどね。

 

このあと、再びふかさん交えてカタン再戦し、ふかさんに1位の座をあっさり奪われるという結末になった。どうしてそんなに強いのか。崇めざるをえない。ふかさんにはぜひ、でかめの大会とか出て欲しいと思った。

 

以上。

大学生の皆さん、とってもフレンドリーに接してくれて、コミュ障の僕は助かりました。

学生時代にこんなサークルあったら入り浸ってたなあ…いいなあ…と終始思いながら、

わいわい空間を楽しめた。

 

また遊びに来ようと思います。沖国大のみんなwithふかさん、そしてブログを読んでくれている方々!!!!!!ありがとう!!!!!!!!

1日1万回感謝の正拳突きします!!!!せいや!!!!

 

それでは今回はこの辺で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

五郎茶屋に行ってきました(2回目)

この間、丸亀製麺でうどんを食べたら、うどんのコシが強すぎて弾かれてしまい、お店を突き抜けて60mくらいぶっ飛んでしまいました。

空を飛んでいる間、かき揚げ先に食べておけば良かったな」とか、「てんかすもうちょい少なめでも良かったな」とか、「周りの人にうどんぶちまけてないかな」とか、「そういえば自宅のガスの元栓締めたかな」など、色々心配になりました。

 

丸亀製麺美味しくて好きです。うたさんです。

おはようございます。しょうもない挨拶を考えるのに30分くらいかけています。

 

かれこれ4日もブログをすっぽかしてしまったので、さくっと再開を…

しかしいきなり長文頑張ろうとすると

「はぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜めんどくさ〜〜〜〜〜〜〜〜〜

言いかねないので、さくっといきましょう。さくっと。

 

ブログを続けるって、本当にすごいことである。

やってみてつくづく思う。

根っこが自堕落、体は大人脳みそは子供、巷では怠惰の化身とも呼ばれている僕は、

せめて4日以上あけないことを守ろうと思います(ハードルは低く設定する怠け者感がここでもひしひしと感じられる)

 

この怠け者め。あの言葉を思い出せ…!

明日やろうはばかやろう…!!!!

伊東四朗をもっと知ろう…!!!!

 

=さっさと本題にうつろう=

 

先週五郎茶屋にまた遊びにいきました。ボドゲつながりの友人と共に。

早速プレイしたのはNIAGARA(ナイアガラ)」

 

f:id:uta_tnp:20190212204843j:plain

2隻のカヌーを乗りこなし、滝に落ちないように、各地の宝石を拾うゲーム。

 

先に5種類の宝石を揃えるか、7つ宝石を集めるか、同じ宝石を4つ集めたら勝ち。

川は絶えず流れるので、流れを読みつつ、うまいこと宝石を集めていく。

天気によって流れの速さが変わったり、遅くなったりとなかなか緊張感があって良くできているゲーム。ほんとに川下りをしているかのようだった。

ギミックが特に秀逸。丸い透明のタイルは上流から回転寿司のように流れるようになっており、この動きを見ているだけでもかな〜り楽しい。

 

カヌーは「1〜6までのタイル」をみんなで出していき、その数字分、進めることができる。

しかし各タイルは1回ずつしか使えず、全部使い切ったあとに再回収となる為、

タイルの使いどころはめっちゃ考えるところ。また天気のタイルも1枚あり、出すことでカヌーは動かせないが天気を操作し、川の流れを変えたりもできる。

天候を嵐に変えて、人のカヌーを落とすプレイも可能。僕は落とされました。ひどい。

 

また、川の流れは

「みんなで出したタイルのうち、一番少ない数字(+天気によって-1〜+2の変動あり)」によって決まる。全員で大きい数字を出すとその分川の流れが早くなってドボドボと滝へ落ちていく…心理戦と先読みが勝敗を分ける。

ちなみに相手のカヌーから宝石を奪うこともできるので、他の人が苦労して取ってきた宝石を横取りすることもできる。横取りも見据えた宝石の集め方を考えるともっと早く勝利条件を満たせそうだなあ。

 

結果、4人でプレイしてなんと僕だけ敗北。

滝のような悔し涙を流しそうになりました。ナイアガラだけに。

 

 

2つ目のゲームはアクワイア

ホテルを建てつつ株を買い、お金をたくさん稼いだ人の勝ち。

コンポネートがかわいい。

 

f:id:uta_tnp:20190212211001j:plain

乱立するホテル群。背の高いホテルほど、ランクも高い。黄色が非常にかわいい。

 

自分のターンに1こずつ土地のパネルをはめ込んでいき、

2つ繋がるとホテルを建設できる。

ホテルを建てた人は、そのホテルの株券を1枚ゲット。

ホテルは土地の広さとランクによって、株券1枚あたりの金額が変わる。

また、2つのホテルの土地が繋がったとき、小さい土地のホテルは買収され、

でかいホテルに吸収合併されていく。なんかリアルだ。株しらないけど…

買収されるとお金が手に入り、新たな株券を買う資金となる。また、買収されたホテルの株券を持っていたら、それを2:1交換ででかいホテルの株券に交換するか、売っぱらって資金にするかを選べる。この選択が悩ましい。

さらにこのゲームは筆頭株主になると、ゲーム終了時にボーナス資金が手に入る。

株券の所有枚数1位〜3位まで、順位が高いほど大きいお金を得られる。

資金を得る手段は限られるので、結局のところ「どのホテルの株を独占するか」が非常に重要である。

「株って何?おいしいの?」レベルの僕には中々難しかったが、「株はなんか分散投資がいい」と、どこかで聞きかじった唯一の株の知識をヒントに頑張ったので、最終的にはどうにかゲーム内3位に着地した。紛れもなく黄色ホテルのおかげである。

なんてかわいいやつなんだ。黄色ホテル。愛着を覚えた。

 

プレイ感としては、「いかに伸びるホテルか」を見極めつつ、株券の買い占めによるボーナス独占をいかに狙うか、が重要だと感じました。1つのホテル1位株主を頑張って取るよりも複数のホテルの2位株主を目指すようなプレイが強いらしい。

次はもっとうまくやれそう!!この「次はもっとうまくやれそうだな〜」感がまた、わくわくさせる。また、上手い人のプレイを目の前で見てるのも同じく楽しい。「うお〜〜めっちゃ賢い!!すごい!!」ってなるの、楽しいんですよ。

 

いやあ、ボードゲームって素晴らしい。

近々、重ゲーできる予定もある。(重ゲー=1プレイに3時間以上かかるようなボードゲームのことと解釈してます)

沖国大のボードゲームサークルにもおじゃまできる。

ボードゲームに浸れるのは実に幸せだ。

 

 

今日はここまで。

さよなら…!!

 

 

 

 

自主ボードゲームイベント「ええゲー会Vol.2」3/2(土)開催!

ええゲーム、やりたいかー!!!!!!

 

(おー、と言いながら拳を高く掲げてください)

 

今日も懸命に命を燃やし続け輝いているみなさま、こんにちは。

うたさんです。いよっ!みんな光ってるね!いよっ!

まるで歩くLEDライトだね!!寿命長そうだね!!長生きしろよ!じゃあな!あばよ!!

 

…。

 

間違えました。危うく告知前に帰らせるところでした。帰らないで。

ブラウザの戻るとか押さないで!スマホのホームボタンとか押さないで!!!

お願い!!!真面目にやるから!!!!!!

 

=告知します=

 

2019.3/2(土)より、

「ええゲー会Vol.2」開催しますよぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおうあああああああああああああああ!!!!!!!

 

f:id:uta_tnp:20190208205038j:plain

f:id:uta_tnp:20190208205058j:plain

(いろいろ間に合わずまだ準備中…準備できたら更新します!)

うらあああああ!!!!!!

どんなもんじゃい!!!!!!!!えいしゃあ!!!!!!!!!しょあ!!!

集え!!!!!こぞれ!!!!こぞりまくれ!!!!!!!!

 

すいません。うるささたっぷりですね。ふんだんに盛り込まれていますね。

自覚しております。大丈夫です。

 

僕みたいな陰キャはブログとか、webとかそういう場所ではイキれるんですよ。

現実では「あっ…あの…ハイ…」みたいな感じになってしまうので、

こういう場でそういったストレスというか、えー、鬱憤といいますか、

日頃溜まっていく「イキりたい!!!!!!!!」という思いを発散していくわけですね。

 

〜生きることとは、イキることである。〜

ウタ・サン(1992〜没年不明)

 

いつか、社会の教科書に載れたらいいな。

そしたら老後もイキれますからね。

公民館とかで「あの名言いったの、俺なんすわ〜笑」つって。

ゲードボール大会的なサムシングの時に、周りに言いふらして、みんなが僕を崇め奉る。

そんな未来、プライスレス。生命保険はア●サダイレクト。

 

※書いてて意味がわからなくなりました

 

=話を戻します=

 

今回、人数が20名を超えた場合、会場のキャパシティの都合上、

会場を変更しなければならないため、

予約制とさせていただきます。

参加を希望される方は「2/22(金)23:59」までにお願いします!!

 

連絡方法は↓↓↓

ーーーーーーーーーーー

・前回参加者(会員)の方→「ええゲー会LINEグループ」にて僕に連絡ください!

・その他一般、新規、LINEグループに入っていない方→うたさんのTwitter、もしくは当ブログのコメントより

「参加したい!」と一言連絡くださいませ!

 

※変更等の連絡もLINEグループ、Twitter、ブログにて発信しますので

どうかお見逃しなきようお願いします〜!

 

ーーーーーーーーーーー

 

(はじめてええゲー会の存在を知った方へ)

 第1回ええゲー会の様子はコチラ↓

uta-tnp.hatenablog.com

 

 

 

 

 ではでは!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【再掲】お世話になった(遊ばせていただいてます)ボードゲーム店の紹介

 

なんということでしょう。

僕の不注意その2で、「テーブルゲームカフェ&BAR スクエア」さんにも

おじゃましていたのに、そこだけご紹介が抜けるということをやらかしてしまいました。

本当に申し訳ございません。うっかりが多いのです…

お詫びに今度遊びに行きます。

テキーラショットガイスター、勝負させてください!!!!!!!

 

というわけで、再掲。

僕が自主イベントをやるきっかけになった5つのお店を紹介いたします。

ぜひ遊びに行ってみてください。めちゃ楽しいです。どこも。

また、浦添の「カッパのお城」さん、名護の「toi toi toi」さんもありまして。

まだ遊びに行けていないので、年内にはおじゃまします!!

 

人狼Secret Party沖縄◆

twitter.com

 

◆五郎茶屋◆

twitter.com

 

◆サイコロ堂◆

twitter.com

 

◆遊べる駄菓子バー GG◆

twitter.com

 

テーブルゲームカフェ&BAR スクエア◆

twitter.com

2019.2/2 ええゲー会 開催記録と反省と次回予告と。

2019.2/2「ええゲー会」
無事開催できました〜〜〜〜!!!

 

いやあ、忙しかった。想像以上の人数、想像以上の大変さ。

そして、想像以上に楽しかった。

充実した1日であった。これは老後も思い返してはしみじみ浸れるタイプの思い出になりそうですね。老後の僕も、さぞ喜んでいることでしょう。

 

さて、今回の記事は主に3点。

・開催記録まとめ

・反省点

・次回予告

 

■まずは開催記録写真!

バッチリ撮ったので、写真とともに報告いきましょうか。

 

f:id:uta_tnp:20190206002205j:plain

当日12時半頃。買い出しした小道具やら飲み物やらを準備。

事前準備組のみなさまに手伝っていただきました。めっちゃありがとうございます。ハイパー助かりました。

シークレットパーティ沖縄、5階にあるんですよね。

飲み物がどうしても重くて、2往復しました。家も5階なので今日12時の時点で4往復しています。運動の「う」の字もしない僕は速攻で筋肉痛になりました。

 

f:id:uta_tnp:20190206002723j:plain

f:id:uta_tnp:20190206002758j:plain

f:id:uta_tnp:20190206002840j:plain

13〜14時頃から続々と参加希望の方が集まり、早くも卓は満杯に。

中学生から大人まで、男女問わず多くの方々にボードゲームを遊んでいただきました。

開催前までは「ちょちょいと卓管理しつつボードゲーム俺もたのしも〜」とか思っていたのですが、むりむりかたつむりでした。

一生懸命インストに回りつつ、店主に協力いただきつつ、短いゲームの卓同士の移動とか、卓が固定しないようメンバーの入れ替えに気を配ったり、長く繰り返した方が面白いタイプのゲームは2週お願いしたり…想像以上にてんてこまいで、たまにゴキブリポーカーやスカルに入るのが限界でした。笑

 

f:id:uta_tnp:20190206003502j:plain

複数人プレイしたかった交易王、混ざりたかった…!!ここで別ゲームのついたてが活用されたりしました。笑

 

f:id:uta_tnp:20190206003620j:plain

スプレンダーで可憐な女性と中学生を容赦無くボコす店主。

この後ベストスコア賞をあっさりかっさらっていきました。くやしい。

 

f:id:uta_tnp:20190206003753j:plain

 

密かにええゲー会で一番楽しみにしていた「モダンアート」もプレイ。

競りによる熾烈な価格争い…かなり盛り上がってました。

 

f:id:uta_tnp:20190206004002j:plain

 

ええゲー会史上最もリアル派なコンポネートの「ワインと毒とゴブレット」。

グラス型のカップにそれぞれがワイン、毒、解毒剤を仕込み合います。

互いに毒ワインを飲ませ合う闇のゲーム、かなり人気高かったです。

(当日プレイできなかった方ごめんなさい!!次回も続投します!!)

 

f:id:uta_tnp:20190206004347j:plain

お姉さんに心理戦を仕掛ける学生の図。

 

f:id:uta_tnp:20190206004610j:plain

当日、ゲームが足りなくなることを恐れたうたさんは、もしもの時のために予備のボードゲームを隠し持っておいてました。それがこの「はあって言うゲーム」。

お題に書かれた演技を声と表情だけで行い、どのお題をチョイスしたかを当てるゲーム。どんな演技でも面白くなるのがいいところでした。

 

以上。

当日天気良くてよかった…窓から吹く風も涼しかったし…

参加いただいたみなさま、本当にありがとうございました!!!

次回も新ゲーム入れます。既に買いました。お楽しみください…!!

  

 

■次に反省点。

色々あったので完結にいきます。

 

モンスターメーカーの複数人の場合の到達ハードル下げるの忘れてた

(おかげで1時間くらい経っても終わらないゲームと化した上、微妙な感じで締めてしまった。。申し訳ない!!ルール理解不足でした)

・インストに夢中で別卓の呼びかけに答えきれなかった(インスト中も他の卓への気配りを欠かさないようにしたいところ)

・インストに順番前後があった。もっと整理して端的にわかりやすく(他の人にはわかりやすい!と言ってくれるのだが、まあこれは自分の中での反省ということで…)

・インストを急ぎすぎて早口になりすぎた(落ち着こう)

・昼ごはんちゃんと食べずに主催してしまったため、夕方頃にはご飯のことしか頭に浮かばなくなった。笑

・「ベストスコア賞」が無理ゲーすぎた(複数人プレイ時のハードルを考慮できてないゲームが多々あったので、次回はもっとギリギリを攻めます。あとテストプレイの回数を増やさなければ)

・「ベストスコア賞」を印刷して当日貼り出しすべきだった(隠してどうする)

・会員カード裏のスタンプ管理がゆるかった(途中抜けの人とか、まだ押してないので次回来た時にまとめてスタンプ押します!申し訳ない!)

・おやつの補充等、手伝ってもらいまくりだった(とはいえインストに手一杯な部分もあったので、補充は各自でできるようにしておく工夫が必要)

・飲み物、おやつを一元管理するテーブルを当日シーパのあり物で準備した(やっぱり置き場必要)

・ゴミの管理、終了ボードゲームの片付けがゆるかった(展開は素早く、片付けも素早く!今後の課題)

・ゲーム数が少し不足気味だった(長めのゲーム、もう少し追加が必要。短いゲームばっかりでは飽きさせかねないので)

・学生の代金割引しすぎた(さすがに500円は安すぎた!次回は学生1000円にします!申し訳ない!!)

・途中参加の場合の代金をちゃんと決めてなかった(さすがに全額まるまるは気が引けるので、相応の価格帯でのご案内を明示する必要あり)

 

まだまだあるような気がするが、とりあえず…

これらはバッチリ次回に活かします!!

いやはやしかし、これは実際に開いてみないと分からないことばっかりであった。

やはり行動に勝る経験なし。活きた経験を得られました。

※これ以外にも不満点や改善してほしい点などあれば、LINEかTwitter

僕にこっそり教えていただけますと超嬉しいです!!

 

■最後に次回予告!!

 

第2回ええゲー会は

3月2日(土)です!

場所は同じ「シークレットパーティー沖縄」を予定しています。

twitter.com

地図はコチラ(5階にあります)↓

https://goo.gl/maps/qU2EoSNzF7F2

 

希望人数が20名を超えた場合、会場のキャパを超えてしまう為

場所変更の可能性ありです。

その為次回は予約制とし、2月22日までの参加希望者をもって締め切りとさせていただきます。

 (人数多い場合、より広いレンタルスペースを借りなければならないので…どうかご了承ください!)

※また、場所、料金、日程等は変動の可能性がございます。可能な限り事前にお知らせします!

 

詳細については後日、新webチラシの制作と共に

ええゲー会LINEグループTwitterにて告知いたします。

 よろしくお願いいたします!!!!!

 

 

ではでは。

 

 

 

 

「やりたいこと、やったなあ」と思い返せる人生に。

やりたいこと やったもん勝ち 青春なら〜♪

ってワンフレーズ、浮かびました。忍たま乱太郎懐かしす…

 

こんにちわんこそば。うたさんです。

このしょうもない挨拶、実家に帰ったような気分になりますね。

安心感。この揺るがないしょうもなさ。

「わ」しか被ってない。語呂の良さを追求した職人の仕上がり。

これは情熱大陸も取材に来そうですね。来ないわ。

前言撤回の速さも他の追随を許さない。

そんなところが僕の魅力であり、

ガイアの夜明けとかが取材に来たくなる理由でもあります。いや来ないわ。

 

ちなみに、わんこそばはまだ食べたことがありません。食べたい。

 

よし、挨拶からてきとうに話を膨らますことに成功したので本題行きましょう。

先に言っておくと、今回はめちゃ長いただの自分語りです。

眠くなります。校長先生の話くらい眠くなります。あなたはだんだん眠くなる…zzz…

 

===

 

はい。

齢26のゆとり世代の男は、ある時気づいたんですよ。

「あ、俺このままだとやりたくないことで人生完結しちゃうな」と。

 

転職経験なしの社会人約7年。

色んなことがうまくいかない時期がありました。基本的に僕はメンタルが豆腐なんですね。絹ごしタイプです。豆腐故の失敗、多かったです。

(なお今も豆腐なことに変わりはない模様)

 

そういうダメさが積み重なって、とうとう仕事を無断欠勤しました。2週間くらい。追い込まれていたんですね。

これまで、一応仕事はかじりついていました。

なぜ、かじれたか。

できることをもっと増やしたい、上手くこなしていきたい。

その先には根拠のない希望が光っていて、

その光がデスクに座ってPCのキーボードを叩き、

マウスをこれでもかと擦る活力になっていました。

みなさんはご存知かと思いますが、マウスはもちろん、無線マウスです。

これがもし有線マウスだったら、僕は今ごろ有線にぐるぐる巻きにされ、ニュースになっていたことでしょう。

 

=余計な小ボケはさておき=

 

続けていれば、きっといつか上手くやれるだろう。

そうなれば、正社員として一応は安泰な人生だ。

将来家族を持って、平凡に暮らしていける。

実際に家族を持ち働いてる諸先輩方がいる。だから大丈夫だろう。

それが当時の夢でした。思い描く道筋でした。

かじりつく理由でした。

 

話は戻り、無断欠勤のち、会社の温情でなんとか復帰しました。

しかし、その一方で、その場しのぎの仕事の進行が多くなりました。

(具体的な内容を書けないのでアレですが、要は質を上げる動きを一切せず、とにかく終わらせることに注力していたということです)

端的に言うと、やらなきゃいけないと分かっていることができない。踏み込めない。

淡々と進めていく以上の方法が見出せず、答えが見えない。

今までは、技術的な部分とか、作業の工程そのものはすんなりと覚え、実践し、自分のものにできていたのに、途端に上手くいかなくなってきた。

曖昧な状態が続き、イライラとストレスを着実に溜め込んでいきました。

そして気づく。

 

「俺のコミュニケーションの取り方、おかしい気がする。同期や先輩の方が遥かに仲良く、上手くやってる」

「手順通り完結させることが好きなだけで、この仕事でやりたいこととか、自分の中に全然ないわ。その場の思いつきで繕っているだけだ」

「あれ、俺この仕事合ってなくない?」

 

こんなもやもやを抱え始め、さらに仕事のおざなり感は加速。

たかだか4.5年の若造が生意気だ、と自分を責め、自己嫌悪に陥り、

いつしか「俺は人として欠陥があるに違いない」と、

発達障害について調べるようになりました。

 

それで調べるうち、気になる分野が1つ見つかります。

アスペルガーの特徴、自分に思い当たる節が多くあることに気づきます。

一部引用。

 

ASD」は”Autism Spectrum Disorder (Disability)” の略で、日本語では「自閉症スペクトラム」と訳します。「ASD」の人は、学校や職場など社会の様々な場面で人とのコミュニケーションや関わりに難しさが生じることが多くあります。また興味や関心が狭い範囲に限られやすく、独特のこだわり行動や振る舞いが見られることもあります。他にも五感などの感覚が人よりとても敏感に感じたり、逆にほとんど感じない分野がある人もいます。 

※このサイトが一番わかりやすい解説だと思いました。

www.kaien-lab.com

 

僕は診断可能な心療内科を受診。明確な診断書を受け取りました。

結果、程度の差はあれど、アスペルガーのくくりに入る人間でした。

小さい頃から抱え続けた違和感の正体、上手くいかなかったこと、興味の持てないこと、持てること、その極端さ、話し言葉の下手さ、アドリブのきかなさとか諸々。

・幼少の時が一番顕著で、他人の言葉、感情、常識が読み取れませんでした。よくわからんこだわりも強かった…例えば、おもちゃ合体させてかっこよくなったのに、元のままがよくて号泣したりとか、学校で遊び道具つくってたらそれがいたずらで奪われて、我を忘れて自宅に帰りそうになったりとか…恥ずかしいのでこの辺で勘弁してください。

(言葉と感情のやりとり面、今はいくらかマシになっている、と思っていますが、油断するとNGな言葉が出てきてしまうため、わりと言葉は慎重になっています。内心いつもビビってます。根が豆腐メンタルなので、嫌われたり敵を作ったり、色々経験して、その中で経験則的に学んでいった結果、どういう時にどういう言葉選びをすべきか、理解はしています)

(こだわりに関しては、今はマシになっている、気がします。が、やはりたまに自分の中でのスケジュールが崩れたりするのが苦手だったりします。THE・マイペース。)

・今も、人より物に興味が向きがち。(貴様なんぞ興味ないって言っている訳ではないのでどうかご了承を…優先度の違いみたいな意味合いです。自覚はしていて、こう、SNSとかでは積極的に話したりとか、できる範囲でチャレンジしたりしています)

・思い込みと不注意による忘れ物とかケアレスミス、頻発しがち。

・自分の話がめちゃ多い。人の話掘り下げないことありがち。(これはさすがに人あたりが良くないという自覚はあって、意識して対策中)

 

 

めっちゃしっくり来すぎて、逆に安心しました。

例えるならテストで高得点取れた時の、「あ、合ってたんだ」と感じた瞬間。

あの時のような、答え合わせがはまった感覚。

 

と、同時に「このアスペの性質と今の仕事、水と油だわ」と察しました。

今の仕事、詳しくは言えませんが、コミュニケーション能力をかなり問われる仕事です。

光っていたはずのものが、ふっと暗く見えなくなりました。

このまま続けても、年数を経るごとに増えていく責任の重さについていけなくなることが明白になったんですね。

たとえ続けたいと思ったとしても、周りが支えてくれたとしても、この自分自身の性質のハードルを乗り越えてまで続けられるのか?

今までのもやもや状態でさえ、休みがちになったりしてるのに?続けていけば、今よりヤバい状態になっていくというのに?

これはもう、正直続けていられない。そう感じました。

 

じゃあ、違う仕事で飯を食わないといけない。僕は転職を考えました。

とはいえ、人との関わりはあらゆる仕事の根底に存在するもの。コミュニケーションがいくら下手だろうが、やらなきゃならない。

じゃあせめて、職種として、心の底からやりたいと思えることをしなければならないんじゃないか。現状に不満があるのなら、合う環境を探す努力をすることが生きる術ではないか。

じゃあ興味を持ち続けていられることってなんだ?そんなもの俺にあるのか?

真剣に悩みました。答えが見つからなくて、もやもやしている中で、それでも仕事は続けないといけない。ハイパーストレスでした。悩みすぎてくせ毛になりました。嘘です。地毛です。

 

=唐突にふざけるのは実に悪い癖である=

 

しかし。ある時気づきます。

幼少期からぬかりなくずっと続いていることがひとつありました。「ゲーム」だけは物心ついてから没頭し続けている。

その当時片親の母がハマっていた音ゲーRPGから始まり、枝を広げ、広く浅くゲームという娯楽に浸れていた事実がある。

そして、ゲームに関わることなら、割とナチュラルに交友範囲がある。ゲームを介した繋がり方だけは得意だった。というか、今まで生きてきた中で、それしか繋がりを作れていなかった。笑

そしてさらに、ボードゲームというものの存在が、僕の中の価値観を大きく変えた。

デジタルが娯楽の最先端だと思い込んでいたかつての僕が、

「人と対面でゲームするのってこんなに面白いんだ、運とか、知力のぶつかり合いは対面でやるとより白熱するなあ

「いろんな年齢層の人とも同じ立場で遊べるし、初対面でも仲良くなれるんだ」

「アナログで、駒やらなんやらを並べる、触れる、動かす、地味なようでいて、実はかなりリアルな臨場感を楽しめている、これはデジタルにはない演出で、エンタメで、楽しさだ」

ボードゲームがこんなに多くて、広く、新鮮だとは!想像を超えた!何やっても面白いぞなんだこれは!」

と、やかましい感想を抱くほどに、熱中してしまった。

 

そして、こう考えるようになりました。

「このまま、やりたくないことに不満をこぼしながら会社の枠組みでお金をもらって生きる生き方は、僕には合わない。

どうせ苦労するなら、生きる努力をしていくのなら、心の底から好きなことで精一杯苦労してみよう。それが上手くいかなかったとしても、その生き方を選んだことは後悔しない。その時は、そういう運命だったということだ」

 

「やりたいこと、やったなぁ」

散々生き続けた後に、僕はこう言いたい。そういう人生で在りたいと思いました。

 

だから、僕は、ボードゲームの世界」をよりたくさんの人に伝えたい。価値観を変えるかもしれない、このデジタル全盛期の時代にこそ光る楽しさを、よりたくさんの人に伝えたい。僕が感じた感動を共有したい。

そして「ゲーム」が介在するコミュニケーションをもって、僕は生きていきたい。

 

その為の行動の第一歩が、

明日の「ええゲー会」です。

いや重いわ。タイトルに反して動機が重い。グラビデか。HP割合攻撃か。

 

ファイナルファンタジーやってないとわからないような狭いネタを平然とぶち込んでしまいました=

 

ちがうんです。当日はただ、全力でボードゲームに浸りましょう。楽しみましょう!!

こんな話しといてアレですが、あんまり気負わないでください。汗

僕はただ、ボードゲームをみんなと楽しみたい。

ただのそれだけです。。

 

そいで。

この行動を皮切りに、今の自分が決めた人生のコンセプトの中で、できることを次々と増やしていき、ひとつの成就の形、集大成として「お店」を作りたいと考えています。

 

いずれ失敗することになったら、その時は笑ってもらって、反面教師としてしくじり先生に出ます。youtubeで謝罪動画とか出します。そのまま勢いでYouTuberになります。

嘘です。

 

もし上手くいったら、先駆者の皆さまと相乗関係を持って、お互いに、沖縄で同業界を支えあえるような存在になれたらいいな、と甘ちゃんな希望を抱えております。

ビジネスはそんな甘い世界ではない。きっとそうなんだろう、と色々と業界のことを調べながら戦々恐々としていますが、どうか、チャレンジだけはさせてください。

・一応素人ながら、商圏かぶせないようにしようとか、ターゲット層なるべくかぶせないように、とか、要はファミマの対面にローソンを置くようなバチバチなことは避けたいと考えております。

・まあそもそもやっていけるのか、という点がありますが、そんなことやる前から心配するより、できる方法を考える。それが大事、板東はえいじ。

とりあえずその目標に向かって走ることは既に決めている次第で、有志の方々、彼女にも色々と相談にのっていただいてます。ウルトラありがとうございます…!

 

まあ、今後とも、ひとつの人間エンタメとして、自分の行いをこのブログに記していけたらと思います。

 

めっちゃ長くなっちゃった。

人生かけて頑張ります。だって、

夢はでかくなけりゃつまらないだろう。胸を叩いて冒険しよう。

100%勇気〜もうやりきるしかないさ〜♪

 

そう、僕は冒頭を伏線にしたオチをつくりたかったのだ。おしまい。